www.sarangwaletterbaik.com

私が子供の頃、顎が小さく歯が大きいので歯並びが悪く、矯正をさせられました。 当時は、歯を2本ほど抜き、歯の表面にプラスチック製のワイヤーを引っ掛けるパーツをつけ、ワイヤーで引っ張って歯並びを調整するような矯正をやりました。 小学校中学年頃からやりはじめ、高学年になる頃にはずいぶんキレイな歯並びになりましたが、ワイヤー引っ張るので歯や歯茎が痛んだり、頭痛がしたりして、さんざんな思いをしたことを覚えています。 私の子供たちも、遺伝のせいいでしょうか、同じように歯並びが悪いです。 現在子供達が行っている矯正は、床矯正というもので、口の中に装置を装着し、口の中を広げてやるというものです。 口の中が広がると、自然と歯は収まるところに収まって、キレイな歯並びになるという考え方らしいです。 抜歯はしていません。 小学校の低学年からやりはじめ、現在は高学年になりましたが、すっかり口の中が広がり、キレイな歯並びになりました。 昔の矯正に比べると費用も安く、不快感も少ないのでおススメです。